アダルト カップル 緊縛 羞恥 変態 露出 SM お医者さんごっこ 旅行 - PurpleCouple's Secret Place
FC2ブログ

手拭一本主義(タオル巻きNG)

露天風呂というのは気持ちが良いものですね。特に混浴によく行きます。せっかく二人で温泉に行って露天風呂を楽しみたいのに肝心の風呂を別々に入るというのも考えてみれば不自然なものだと思いませんか?

ところで昨今、混浴はよいのですが、タオル巻きとか称する、要は大判バスタオルを巻いて入浴することを推奨していたり、「湯あみ着」なるワンピースみたいなものを推奨していたりするところが増えています。

Pinkはこれが嫌いです。私も嫌いですが(理由は違うかもしれませんけど)

Pink曰く、そもそも風呂は裸で入るもので、タオルを巻くのは気持ちが悪いし水を含むと重いし、で大変なんだそうです。確かに濡れたタオルを身体に巻くというのは男の私でもやりたくないですね。特に寒い露天風呂ではタオルが冷えて大変です。一回、水を含んだタオルを持たせてもらいましたが想像以上に重くてびっくりしました。

では、そんなに嫌ならタオルなんて巻かなければ良い、と思うのですが、女の世界はそう単純ではないそうで、同性の目が気になるのでタオル巻き推奨のところではタオル巻きをするのだそうです。大変ですね。

そのような理由から、逆にタオル巻きで入っている女性が居なければ気にする必要がないわけで、当然ですが、タオル巻きで入っている女性がいないか、または男性だけが入浴している時はタオルは巻きません。

この姿勢を名付けて「手拭一本主義」と言っています。派生で「タオル一本主義」もあります(笑)。手拭か入浴用タオルを一本だけ持って入浴するという古来からの正しいマナーです。

そんな背景もあり、できるだけタオル巻きNGの温泉に行くようにしています。

下の写真はその一本主義で脱衣所から出てくる勇者の姿です。ここはもともとタオル巻きNGですのでこれが正しい姿です。

一枚目。ここは有名な屋内混浴です。この写真はたまたま誰も他に入浴している人がいないときに撮影しましたが、その後再度早朝に入浴したときは既に男性が5人くらい入っていました。そこに正に写真にある ような姿で脱衣所から風呂場にPinkは出てきました。

Pinkの姿を見るそれまで賑わっていた会話が止まり、シーンとなりました(笑)。

そしてそのあとなぜか急に男性が増え、15人近くになりました。何か横方向連携があるのでしょうか。

Pinkがすごいのは手拭で前だけでも隠そうとかの小細工は一切無しで出てくるところです(笑)。このちょっと露出癖入った度胸、毎回惚れ直します。

法師温泉01



次のこの写真の当時はタオル巻きNGのところです。ここの温泉も素晴らしいところです。最近タオル巻きOKになったと聞きました。残念で仕方ありませんね。

ここは脱衣所から湯船までは20メートルくらいあり、川沿いを歩かなくてはいけません。他に入浴者も居なかったこともあり当然Pinkはタオル一本で出てきます。しかし、入浴して10分くらいたった後に、カップルや男性幾人かが入ってきました。もともとPinkは手拭一本しか持っていませんので、風呂から上がるときは私と二人、脱衣所まで全裸の行進をすることになりました。これもまた一興でした。

滑川温泉01



次は栃木になるこれまた素晴らしい川沿いの混浴露天風呂です。 ここは道路から320段の階段を降りてきて入ります。日帰り入浴もできますが、日によってやっていない日もありますのでご注意です。ここは基本的にタオル巻き推奨でタオルを貸してくれますが、この時は女性客も居なく、先客も若い男性が少々程度でしたので当然Pinkはタオル一本主義です。ただし、あとで女性が来ることもあるので巻き用タオルは持参です。この後女性客は来なかったので結局はずっと全裸で入浴を楽しみました。

栃木湯守田中屋01

ここも栃木の有名な温泉です。基本的にタオル巻きNGです(たしか)。撮影時は誰も居ませんでしたが、この後何人か入浴客が来ていました。面倒なので男性用の脱衣所で脱いでいたので、浴衣を着るときは妙な状況でした。ここが面白いのは人がいるときは写真とるな、と明示的に書いてあることで、逆に人が居なければ不問なのです。このポリシーは実に正しいな、と思います。


タオル一本主義

如何でしたか?

皆さんも周りに手拭一本主義に同意ですか?

意外と女性でこれに賛同していただける方がいらっしゃいます。

この世界観に同意している何か印でもつけられれば混浴がもっと楽しくなりますね。

ちなみにPinkは風呂に入るという目的がはっきりしていればちゃんとどこでも脱げます。私が一緒であるという前提はありますが。

先日も小さな混浴露天に行った折、すでに5名近くの男性が入浴中の目の前の仕切りのない脱衣所で全裸になり、そのまま手拭一本で入浴しました。自分の連れですが私までドキドキしてしまいます。

これが関係ない男性だったら、さぞかしラッキーと思うだろうな、と。

ちなみにClub-XXXで私が投稿しているエリアは下記のリンクから。 日本のサイトではできないことをちょっとやっています。 Pinkの本当にハズカシイところを見せちゃいます。私も会員ですが、このサイトは一回は入会してみる価値ありますよ。レジェンドレベルの投稿者が居ます。 無修正投稿掲示板
以降は外部のおすすめコンテンツです。

外部投稿まとめ 温泉編

趣味とサイトの宣伝もかねて各種投稿サイトに投稿しています。
しかし、考えてみればせっかくこちらに来ていただいている方にも見せないのは変だと思いまとめページをつくりました。 混浴投稿写真掲示板に投稿したものです。 一部写真が被るかもしれませんがそのあたりはご容赦願います。 また、これらの写真は他に入浴者がいないときに限って撮影したもので他の入浴者、温泉宿に迷惑をかけないよう配慮したものですが、もし万が一問題がある場合は管理者までご連絡下さい。

KN003.jpgKN004.jpg ;KN005.jpg 


海外の投稿サイトです。日本の法律ではできないことをやっています。 下記のリンクでPinkのハズカシイところがモロ見えます。ここはすごい投稿者がいっぱいいるので入会しても損はないです。私も身銭で入っています。 無修正投稿掲示板


有名な温泉ですね、フルムーンの。
法師温泉01KN007.jpg KN008.jpg KN009.jpg KN010.jpg KN011.jpg KN012.jpg KN013.jpg KN014.jpg TAN019.jpg TAN020.jpg TAN022.jpg TAN021.jpg TAN023.jpg TAN024.jpg TAN025.jpg TAN026.jpg TAN028.jpg TAN029.jpgTAN027.jpg TAN062.jpg TAN056.jpg TAN057.jpg

海外の投稿サイトです。日本の法律ではできないことをやっています。 下記のリンクでPinkのハズカシイところがモロ見えます。ここはすごい投稿者がいっぱいいるので入会しても損はないです。私も身銭で入っています。 無修正投稿掲示板


TAN058.jpg TAN059.jpg TAN060.jpg TAN063.jpg TAN064.jpg 栃木の320段の階段を下りていく混浴露天風呂です。 ここは宿も温泉もとても良かった。320段帰りの登りもメタボの私でも何とかなるもんです。 SK017.jpg TN010.jpg TN011.jpg TN012.jpg TN013.jpg KN015.jpg KN016.jpg KN017.jpg 栃木湯守田中屋01 これどこの温泉?という質問は個別にお願いします。 表立って公表するのは厳しいですから。 たまにアップデートします。
下記は私個人的におすすめの作品です。

アダルト動画:美しい美淑女と温泉生ハメセックス アダルト動画:【ハメ撮り】野外露出羞恥プレイ!危険なNTR露出!混浴風呂に彼女1人!愛が歪んでます!

ちなみにClub-XXXで私が投稿しているエリアは下記のリンクから。 日本のサイトではできないことをちょっとやっています。 Pinkの本当にハズカシイところを見せちゃいます。私も会員ですが、このサイトは一回は入会してみる価値ありますよ。レジェンドレベルの投稿者が居ます。 無修正投稿掲示板

鹿児島県霧島 目の湯 川の湯

行ってきました鹿児島へ。ほぼ温泉紀行です(笑)。
霧島です。
霧島と言えば目の湯 川の湯には行きたいじゃないですか。

TABI15.jpg
入り口は大したことなくただの歩道の様です。
TABI16.jpg
サクサクと歩いていくと、
TABI11.jpg
川が見えるのですが、この川、温泉が流れているのです。
TABI12.jpg
道端に温泉が流れている。さすが鹿児島。霧島。
TABI13.jpg
そして簡単に言えばその川の流れを軽くせき止めたのが「川の湯」です。
TABI14.jpg

さて、ここに入るわけですよ、Pinkが。
道路から歩いてほんの数分。車道からもよく見れば見える位置です。

さて、全裸になって川の湯から責めます。
大体水温は38℃前後だったのではないかと思います。
温めの風呂くらいの温度です。川底が滑るのでそろそろ歩きます。

KS001.jpg

KS005.jpg

KS006.jpg

KS007.jpg

KS008.jpg


KS009.jpg

次に目の湯です。
すぐ横にありますがお湯の色が違います。
一見水たまりのように見えますが、この目の湯は底からお湯が沸いていてむしろ熱いのです。
結局熱い事もあり、身体は浸かれませんでした。底の方に足を入れると熱すぎるのです。

このあたりでこの色の温泉はたぶんみょうばん泉ではないかと思うのですが、定かではありません。

KS010.jpg

KS012.jpg

一枚だけフラッシュを焚いて写してみました。

KS013.jpg

この時は12月で真冬でした。気温も10度前後でコートが必要なくらいでしたが、お湯が暖かいので周辺もなんとなく暖かかく、Pink曰く今までの野外全裸の中でも楽な方だったそうです。

ちょっとポーズ決めてみました。

KS002.jpg

KS003.jpg

KS004.jpg

今回は枚数が少ないのでブロマガ諦めました。少なくとも今は公開しちゃいます。

この後は霧島ホテルに宿泊しました。巨大な混浴風呂がありましたが、ここはカメラ持ち込みは警察に通報、と書いてありビビッて撮影していません。

コメントなど頂ければ幸いです。
また過去のブロマガもよろしくお願いします。

ちなみにClub-XXXで私が投稿しているエリアは下記のリンクから。
日本のサイトではできないことをちょっとやっています。
Pinkの本当にハズカシイところを見せちゃいます。私も会員ですが、このサイトは一回は入会してみる価値ありますよ。レジェンドレベルの投稿者が居ます。
無修正投稿掲示板

以降はおすすめ動画です。








温泉紀行 滑川温泉

最近印象的な温泉に行くことが多いので、温泉紀行シリーズとしてまとめて、温泉体験記もすこし書こうと思います。
結構みなさんのブログなどを参考にしてどの温泉に行くか参考にさせて頂いている割には私たちは温泉に実際にって知りえた知識を公開していない事に気づき、普段、エロい写真ばかり撮ることを考えている私ですが若干反省しています。
さて、2016年初秋に東北の滑川温泉 福島屋さんに行ってきました。
東京から東北自動車道を走ってざっくり三時間半程度です。東北自動車道はペースが早いですから。

実に素晴らしい温泉でした。
泉質が柔らかく、風景も素晴らしく、自然も豊かでリラックスできました。
まずは宿の入り口です。この写真は真夜中に撮ったので左側のフロントは閉じています。
JP250087.jpg

滑川温泉には素晴らしい露天風呂が二つ、内湯が二つあります。内湯のうち一つは女性専用ですが、それ以外は混浴です。
一つは川沿いにあるガチで混浴の素晴らしい露天岩風呂です。女性専用時間帯もあるようですが基本は混浴です。この露天岩風呂は宿の建物から一旦外に出て、数十メートル川沿いを歩きます。右に川を見ながら歩きます。道も整備されていて歩きやすいです。
早朝、朝もやの中岩風呂に入りに行きました。

ちなみにここの温泉は常識のある大人の混浴です。ワニっぽい人はいませんでした。文化的ですね。私のように女連れで行く身から見るとリラックスできます。ありがたい。
JP250090.jpg
振り返るとこのような景色です。
jP250091.jpg
早朝で誰も入っていなかったので、Pinkと二人でゆっくり入りました。
お湯は薄いブルー。とても気持ちが良いです。若干熱い目なので長くは入れませんがこれくらいでないと露天では寒くてダメでしょうから、ちょうどよいと言えます。体感的には42度程度といったところでしょうか。

ここで一つお断りしておきたいのですが、ここは基本カメラ持ち込み禁止です。もちろん盗撮など色々な問題があるでしょうからそれには合意です。一方、私たちのように、二人だけの時しか撮影しない場合にのみ、お許し頂きたく存じます。ほかの方がいらっしゃる時には男女問わず撮影いたしません。カメラも出しません。こういう特例としてお許し頂きたい。もしその点でお宿から指摘があればこの投稿は消去いたします。
JP250106-bvrt.jpg 

ちなみにこの岩風呂を左に見ながら回り込むように進むと、その先に脱衣所があります。
次の写真はちょうどPinkが浴衣を脱いで出てきたところです。男女別の脱衣所がちゃんとあります。この写真で見える小屋の右左で男女が分かれています。引き戸もあります。貴重品などは置くところはありませんので部屋にでも置いてきましょう。
ただ、ご覧にように小屋から岩風呂までは歩きなのでこの間をどうするか、というのはそのカップルや女性のポリシーによりますね。
JP250092-xncb.jpg 

この脱衣所から10メートルくらい岩場を歩いて露天風呂にたどり着きます。
この時は私たち二人しか居なかったのでこのように大胆に歩いていると思ってください。
(実際Pinkは人がいてもこのように歩くと思います。身体の前に手ぬぐいを当てる程度で。)
JP250094-cnhy.jpg 

お作法としてかけ湯をして入浴します。入浴時のマナーは大事ですね。日本人の心です。
バスタオル巻きで入れるかどうかは定かではありませんが(宿にご確認願います)、人が来るかもしれないという中でPinkはハンドタオルだけで入浴です。
これは私たちのポリシーです。Pinkいわく、「お風呂なんだから裸で入るのが当たり前」。変に湯浴み着とかがあるとそれをつけるのが常識みたいになり却って不自然で嫌なのです。タオル巻き禁止くらいがちょうどよい、というのがPinkの見解です。
JP250099-wty5.jpg 
気持ちよいお湯です。
JP250105-cdnf.jpg 

さて、同じ露天風呂を反対側から撮ったものです。これは前夜に撮りました。この写真の左側が入り口です。入り口から露天風呂を左に見ながら歩くと、その先に脱衣所があるという構造です。
同じ露天風呂でも夜はまた風情があるものです。
JP250072-xsw3.jpg 

人気のある温泉ですが私たちが行った時はほとんど混浴で人に会いませんでした。
夜入っていた時、そろそろ上がろうかという段になって男性が一人来ましたが、それだけでした。
例によってPinkは手ぬぐい一枚で入ってましたので、岩風呂から脱衣所までの移動に際してはショータイムだったと思います。
JP250061-de45.jpg

ちなみに脱衣所の中はこんな感じです。きれいに出来てました。
 JP250085-ytr6.jpg

もう一つは露天なのですが、貸切にできる畳四畳程度の木の細長い風呂桶の温泉です。基本は混浴のようです。どの時間が予約で貸切にできるかは宿に聞いてください。夜九時半過ぎは空いていれば勝手に貸切にできたようです。私たちも貸切で入りました。
JP250055-er45.jpg 
 
また、もう一つ混浴内風呂もあります。
内風呂は6畳くらいの大きさの湯船です。露天より温度が低く感じました。ゆっくり浸かるならこちらも良いですね。混浴内風呂以外に女性専用内風呂があります。
私たちが入った時はこれまた誰も居ませんでした。途中、男性が脱衣所から見ていたようですが、Pinkと目が合ったらどこかに行ってしまいました。
JP250054.jpg 

私たちは今回、トイレ付6畳くらいの部屋に泊まりました。
トイレはウォシュレット付きのきれいなもので改装したばかりのようです。とても快適でした。
携帯の電波はソフトバンクがギリギリ入るくらいでしたがなんとFreeWiFiがありましたので意外と不自由しませんでした。もちろんそんなに高速通信は出来ませんがメール程度なら大丈夫です。食事は部屋食でした。如何にも日本の旅館、という感じで。私は米沢牛しゃぶしゃぶコースを頼みましたがおいしかったです。川魚料理(特に鯉の甘露煮とか鯉の洗い)が得意ではないので、肉つけといてよかった、という印象ですがそれは私の好みの問題ですね。料理は総論おいしかったです。
この値段で、この秘境感、素晴らしい温泉、快適な部屋、おいしい料理で、とてもお得感がありました。機会があればまた行きたい温泉です。
JP250088.jpg JP250089.jpg

さて、私たちがこれで終わるわけはありません。
温泉でPinkが寛ぐところや、温泉に行く道中で私に全裸にさせられ撮影された写真などはブロマガで公開します。
東北の美しい自然の中で全裸になるPinkを是非ご鑑賞ください。類まれな美乳を持つ素人女性の写真がお好きな方、是非どうぞ。
温泉情報などはなく、写真集的なものなので、その旨をご所望の方専用です。
(2016年11月28日に写真増やしました。それ以前にブロマガ購入された方は再度アクセスしてください。)

ブロマガは約50枚の写真から構成されます。一枚の写真は大体1MB以下の大きさです。一回380円課金されますが、それ以降継続されて請求されることはありません。下は内容サンプルです。画質サンプルではありません。
JP250024-xx01.jpg 


ちなみにClub-XXXで私が投稿しているエリアは下記のリンクから。
日本のサイトではできないことをちょっとやっています。
Pinkの本当にハズカシイところを見せちゃいます。私も会員ですが、このサイトは一回は入会してみる価値ありますよ。レジェンドレベルの投稿者が居ます。
無修正投稿掲示板
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

裸族の踊り

たまにPinkをつれて出張に行くことがあります。

出張先のホテルで二人でまったりした夜を過ごすのです。
違う光で見る裸体も良いものです。


JP01501.jpgJP01502.jpg



厳選潜入女風呂

JP01503.jpgJP01504.jpg



JP01505.jpg

裸族の女をご覧ください。
裸族の踊りです。

この時は普段の責め具はもっていませんでしたので、部屋にあるもので代用です。簡単に言えばガウンのひもで縛っただけです。その後ちょっとした時も拘束できるものを持ち歩くようになりました。ロープのそうですが最近出先で
かなり便利なものがあるの買いました。

まあ、普通のSM用ロープの方が軽くて簡単って話もありますけどね。

R-STYLE 自宅のベットが愛の拘束台に ふわふわ素材で手首に優しいSM拘束具 お得な十字ハーネス+セクシーショーツ付きセット (ブラック)
SM グッズ 拘束用 ロープ 縄 10m 3本セット 【赤】 + レースのTバック (4点セット) 収納袋付き!SMプレイ 緊縛 調教 【HS-01】

さて、本番です(笑)。

JP01507.jpgJP01506.jpg



手はバスローブのひもで縛っています(笑)。
最近Pinkは中逝きがうまくなって、挿入後すぐに逝き始めます。この写真でも顔が紅潮していますが、
これは逝っているサインです。
ア・イ・シ・テ・ルのサイン でもあります。

腹筋の力の入り方もすごいですが、括約筋も相当締め付けてきます。この締め付けはかなり優秀です。
JP01508.jpgJP01509.jpg



JP01510.jpg

そしてちゃんと何度も逝って、気が遠くなって、まったりしてダウン、という実に教科書的な夜が過ぎていきました。

ついでに他者のですがこんなのどうでしょうか?結構いいですよ。





プロフィール

DeepPurple

Author:DeepPurple
人生は楽しまなくては意味がない。
そんな思いで二人の趣味を公開します。
あなたがこれを見て少しでも興奮してくれるなら、それは私たちと喜びを共有したことに成るのです。
日本のあるカップルの性にまつわる記録です。
管理者は私、DeepPurple。
最愛のパートナーPinkPurpleのあられもない姿をお楽しみ戴ければ幸いです。
尚、当サイトのオリジナル画像の転送、転載はご遠慮ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロマガ購読者向けメールフォーム
マイカウンター
FC2拍手ランキング
ブロマガ

紹介文:あなたと秘密を共有します。ブロマガの画像や動画を他人に渡したり無断で公開したりしないでくださいね。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

軽量 ページネーション
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login